新着情報

擁壁工事の重要性とは?種類や費用などについてもご紹介

 

山の斜面など平面ではない場所に建物を建てる際、

安定した状態をキープするための工事が必要になる場合があります。

工事を怠ると大きな事故につながる可能性もあるので注意が必要です。

 

 

擁壁工事とは

山の斜面など平坦ではない場所に建っている家が安定しているのは、

擁壁工事がおこなわれていることが考えられます。

擁壁工事は斜面に建つ建物にコンクリートなどの資材を使って

土砂崩れしにくい状態にする工事です。

1度工事をしておけば、悪天候に耐えられる土台がつくられるとも言われています。

 

 

さまざまな場所に対応できるコンクリート

擁壁工事には種類があり、最も安定しているのがコンクリートです。

T形とL形、逆L形などあり、多くの立地条件に対応できます。

かたいコンクリートが土砂崩れなどの災害を防ぎ、

住人も安心して過ごせることでしょう。

コンクリート擁壁にはあらゆる場所で利用できる重量式と、

山岳道路の切り土など地山が安定している場所で利用できるもたれ擁壁があります。

その他にも間知ブロックなど高低差がある場所に適している擁壁もあり、

5メートルの高さでも対応可能です。

水抜き作業が必要になりますが、比較的費用がリーズナブルです。

空積み擁壁や1段擁壁などもありますが、

場所によって適していなかったり危険をともなう場合もあるので注意が必要です。

擁壁の耐久性は約30年から50年程度と言われていますが、

年数が経過した古い擁壁は老朽している可能性もあります。

ヒビが生えたり亀裂が生えていると安定した状態が保てません。

災害が発生した時に崩れるおそれもあり、それを防ぐための工事も必要になります。

 

 

工事の費用

擁壁工事の費用は、建物や範囲などトータル的な規模により差があります。

また、工事だけでなく、地盤の状態によっても費用が異なるので考慮しましょう。

例えば地盤が良くない場合、それを整えるための費用がかかるケースもあります。

また、工事の規模が大きい場合土木建設業の許可が必要になります。

約30年から50年程度耐えられるといっても目安であり、

定期的なメンテナンスも必要になります。

地震などの影響により状況も変わってくるので注意が必要です。

 

 

山の斜面などに建物を建てる場合は、

その場所に安定して建物を建てるように擁壁工事が必要になります。

擁壁には種類があり、最も丈夫でさまざまな場所に対応できるのがコンクリートです。

約30年から50年程度の耐久性とされていますが、

安全をより高めるために定期的なメンテナンスが重要となります。

 

岡山の土木工事は隼工業へお任せください。


会社名:隼工業

住所:〒710-0803 岡山県倉敷市中島419-3 倉敷中島戸建て西棟2

TEL:080-9130-8823

営業時間:8:00~20:00 定休日:日曜日

対応エリア:倉敷市を中心に岡山県

業務内容:土木一式工事/基礎工事/住宅解体

pagetop