新着情報

基礎の重要性を知っておこう!④

 

家を新築する際にとても重要になるのが「基礎工事」です。家を建てた後に基礎工事の内容を確認することは難しいため、施行中に確認をすることが必要です。 一生に何回もない家づくりだからこそ事前にきちんと知識を身につけて確認をすることは、妥協してはいけないポイントだと言えます。 

そこで今回も前回に引き続き、家の基礎づくりの手抜き工事を回避するためにチェックすべきポイントなどについてご紹介いたします。

 

鉄筋のサビを防ぐ5つのポイント

鉄筋を錆びさせないポイントは、5つあります。

1. 厚みを増すこと

2. 密度を高めること

3. 正しい施工を行うこと

4. 正しい養生を行うこと

5. 基礎の表面をしっかりコーティングすること

 

1つずつ見ていきましょう。まず1つ目は、これはコンクリートの厚みを増すということを指します。「かぶり厚」と呼ばれる、中の鉄筋表面からコンクリート表面までの最短距離のことで、かぶり厚が厚いほど、鉄筋は外側から中性化していくコンクリートの影響を受けずに済むからです。 

 

2つ目は、コンクリートの密度を増すということを指します。コンクリート密度とは、水とセメントの比率で決まり、セメントの比率が多いほど密度の高いコンクリートとなります。この密度を耐久性がもっと高い年数に相当する密度にするということです。 

 

3つ目の正しい施工とは、コンクリートの施工時にしっかり中の空気を抜くことを指します。というのも、コンクリートの強度は、中の空洞(ジャンカ)が多いほど低下するからです。そのためには、バイブレータをしっかりかけて締固めをすることがポイントとなります。 

 

4つ目は、コンクリートの乾燥を防ぐための養生をしっかりすることです。コンクリートは、セメントと水との水和反応でゆっくり固まるため、長時間乾燥を防ぎ、水を供給し続ける必要があります。この乾燥を防ぐためには、正しい養生が不可欠となります。 

 

最後のコーティングですが、これはコンクリートが中性化するのを防ぐためのポイントです。コンクリートは元々アルカリ性で、その間は鉄筋が錆びません。コンクリートを中性化するのは、空気中の炭酸ガスが原因と言われています。 これを防ぐためには、コンクリート専用のコーティング剤でコーティングする方法が有効です。さらに、中の水分も逃さないため、打設してから数年、コンクリートの水和反応が続き強度も増していきます。 

この5つのポイントを満たした基礎は、長い寿命を保つことができます。

岡山の土木工事は隼工業へお任せください。


会社名:隼工業

住所:〒710-0803 岡山県倉敷市中島419-3 倉敷中島戸建て西棟2

TEL:080-9130-8823

営業時間:8:00~20:00 定休日:日曜日

対応エリア:倉敷市を中心に岡山県

業務内容:土木一式工事/基礎工事/住宅解体

pagetop