新着情報

基礎の重要性を知っておこう!⑤

 

家を新築する際にとても重要になるのが「基礎工事」です。家を建てた後に基礎工事の内容を確認することは難しいため、施行中に確認をすることが必要です。 一生に何回もない家づくりだからこそ事前にきちんと知識を身につけて確認をすることは、妥協してはいけないポイントだと言えます。 

そこで今回も前回に引き続き、家の基礎づくりの手抜き工事を回避するためにチェックすべきポイントなどについてご紹介いたします。

 

 

着工前にチェックしたいポイント!

それではいよいよ、基礎の着工時に何をチェックしたら良いのかを確認していきましょう。

 

・基礎伏図やプレカット図は渡された?

1つ目のポイントは、基礎伏図(きそぶせず)やプレカット図を受け取ったかという点です。なぜなら、現場でチェックをするには、この2つの実施設計図が必要になるからです。必ずこの2点を渡してもらえるように依頼するようにしましょう。

 

・土地にあった工法が採用されている?

土地にあった基礎工事が選ばれているかどうかについても確認しましょう。ベタ基礎は、もっとも多くの家が採用していますが、布基礎に比べて価格は高くなっています。 地盤がしっかりしている土地や、地盤改良がしっかり行われている場合には、布基礎を採用しても大丈夫です。地盤の状況と合わせてよく検討しましょう。

 

 

着工後にチェックしたいポイント!

続いては、着工後にチェックしたいポイントについてご紹介致します。

 

配筋をチェック!

まず、基礎工事の前半で鉄筋を組み立てて、型枠を作る際のチェックポイントです。

・鉄筋と型枠との間に4cm以上の間隔が空いている?

・隣の鉄筋との間は30cm以内になっている?

鉄筋と型枠との間隔は、鉄筋が錆びないようにかぶり厚が分厚いかどうかの確認です。鉄筋の間隔は、これ以上空くと基礎の強度が弱くなるためしっかり確認するようにしましょう。

 

アンカーボルトをチェック

続いて、アンカーボルトを設置する際のチェックポイントです。

・アンカーボルトがコンクリートの中央に設置されている?

・アンカーボルト同士の間隔は2.7m以内?

アンカーボルトは、基礎と土台を繋ぐ大切な部分です。偏りがないかどうか、間隔が開きすぎていないかしっかりチェックしましょう。

 

型枠を外すまでの日数や天気をチェック

続いて、型枠を外すまでの日数を確認します。 

・最低でも4日以上は空いているか?

・雨が降った場合、その翌日に型枠を外していないか?

型枠を外すタイミングは、コンクリートの強度に影響してきます。型枠を外すまでに最低でも4日は開いているか確認します。また、通常、雨の日の翌日には型枠を外しません。天候もチェックしておきましょう。

岡山の土木工事は隼工業へお任せください。


会社名:隼工業

住所:〒710-0803 岡山県倉敷市中島419-3 倉敷中島戸建て西棟2

TEL:080-9130-8823

営業時間:8:00~20:00 定休日:日曜日

対応エリア:倉敷市を中心に岡山県

業務内容:土木一式工事/基礎工事/住宅解体

pagetop