新着情報

基礎の重要性を知っておこう!⑥

 

家を新築する際にとても重要になるのが「基礎工事」です。家を建てた後に基礎工事の内容を確認することは難しいため、施行中に確認をすることが必要です。 一生に何回もない家づくりだからこそ事前にきちんと知識を身につけて確認をすることは、妥協してはいけないポイントだと言えます。 

そこで今回も前回に引き続き、家の基礎づくりの手抜き工事を回避するためにチェックすべきポイントなどについてご紹介いたします。

 

基礎サイズをチェック

基礎の立ち上がり枠組みまでコンクリートを打設したら、ここでサイズの確認をしておきましょう。

・基礎立ち上がりの幅は12cm以上あるか?

・基礎の外周は地面から一番上まで30cm~40cm以上あるか?

・地面から捨てコンまでの高さは24cm以上あるか?

・内側の立ち上がり高さは外周の立ち上がりより5cm低いか?

捨てコンは以前にもご紹介した通り、防湿マットの上に流した床部分のコンクリートのことを指します。基礎の幅がしっかり取れていないと基礎が弱くなってしまいます。メジャーを持っていき測ってみましょう。

 

 

最後に、基礎工事に関する素朴な疑問についてご紹介致します。わからない点は曖昧にせず、クリアにしておくことが大切です。

・基礎工事って誰がやる?

基礎工事は、大工さんが行う場合もありますが、多くは基礎を専門としている職人さんが行うことが多いようです。 基礎を作るには、それなりの技術と正しい知識が必要となりますので、大工さんが行う場合にも詳しい人が担当することがほとんどです。

・職人さんに質問しても大丈夫?

コンクリートの打設などの作業は中断できないので、作業の様子を見ながら質問してみても良いでしょう。ただ、もし工事内容についての不安がある場合は、職人さんに直接言うのは避けた方が良いかもしれません。 現場監督や工務店の担当者などを通して聞いてみるのがベストです。

・見学に行っても大丈夫?

そんなことはありません。きちんとした施工をしてくれているなら、施主が見学に来てくれていろいろな話をする機会がある方が、仕事にもやりがいを感じるはずです。 また、見学に車で行く場合は、作業の邪魔にならない場所に車を停めましょう。そういった心配りは大切となります。

 

基礎工事は必ずチェックしに行こう

家の基礎工事は、事前知識がないと何をしているのか素人には全くわからないと思います。自分の大切な家の基礎を手抜き工事ではなくきちんと丁寧な作り方をしてもらうためにも、きちんと事前知識を身につけておく努力が大切でしょう。 また、つい「嫌がられるのではないか?」「面倒だから」「忙しい」といった理由で、基礎工事を全く見にいかない方も中にはいると思いますが、事実、ずさんな基礎工事というものは存在します。 もし、基礎が手抜き工事になってほしくないのであれば、しっかり自分でもチェックしに行くことが大切となります。あなたの家が、長く安心して住める最高の土台の上に建つことを、心より願っています。

岡山の土木工事は隼工業へお任せください。


会社名:隼工業

住所:〒710-0803 岡山県倉敷市中島419-3 倉敷中島戸建て西棟2

TEL:080-9130-8823

営業時間:8:00~20:00 定休日:日曜日

対応エリア:倉敷市を中心に岡山県

業務内容:土木一式工事/基礎工事/住宅解体

pagetop