新着情報

擁壁工事について

 

住宅購入を検討する際の”擁壁工事”についてご存知でしょうか。

擁壁工事とは、がけ崩れなどの防止のために、

コンクリートやブロックを使用した壁を築く工事のことを言います。

今回は、擁壁工事の基礎知識についてご紹介します。

 

 

擁壁工事とは

擁壁工事とは、がけ崩れなどの防止のために、

コンクリートやブロックを使用した壁を築く工事のことを指します。

道路を走行中のときなどに、みなさんも一度は見かけた機会があるのではないでしょうか。

また、がけ崩れの防止だけでなく、

土地造成の際に切土や盛土によって土地の高低差が生じた場合にも行われています。

高低差のある土地は、高い方の土地の上に載る建物の荷重、地震、

土の中に溜まった雨水などの水圧など、様々な圧力がかかるため、斜面が崩れやすくなっています。

そのため、斜面の土を留める必要があり[土留め]、

擁壁とは土を留めるための壁状の構造物のことを言います。

 

 

擁壁工事の種類とメリットについて

擁壁工事は、斜面の崩壊や斜面を安定させることを目的とし設置されるものとなります。

雨などによって引き起こされる土砂崩れを防止することが可能で、

擁壁を設置することにより建物や私たちの身の安全を守ることができるのです。

擁壁工事の種類には、コンクリート擁壁やブロック擁壁、石積み擁壁などがありますが

通常はコンクリート擁壁が採用される場合が多いです。

擁壁のタイプには『逆T型』や『L型』、『逆L型』などがあり、

施工条件などにより適したものを選択します。

例えば逆T型は、隣地との境界に余裕がある敷地の設置に適しています。

そしてコンクリート擁壁の工法には、『現場打ちコンクリート』と『プレキャスト擁壁』の二種類が存在します。

現場打ちコンクリートは、現場で生コンクリート打設を行う工法です。

メリットとしては、複雑な形状の擁壁にも対応できるという点があります。

またプレキャスト擁壁は、工場でブロック状に製品化されたものを施工していく工法で、

良質な製品であることや施工期間もかからないという点がメリットとなります。

補修については、コンクリート擁壁にクラックが発生した場合は隙間補修を行います!

その他には地盤沈下が起こった場合には地盤を固めるために薬剤を注入するなどの処置をします。

このように擁壁工事は、設置する場所の地形や土質などの条件により様々な工法が選択されることになります。

適切な工法で工事や補修を行うためにも、施工実績のある信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

 

 

擁壁工事・補修を選ぶポイントと注意点について

擁壁工事や補修では、擁壁下部の地盤をしっかりと確認しなければなりません。

擁壁は内部の土圧や水圧によって崩壊や転倒の危険性が出てくるのです。

施工の際には、そこにかかる土砂の圧力に耐えられる強度にして

内部に存在する地下水の排水処理を行うことも重要となります。

また。施工する擁壁が一定の高さや長さを超えると

管轄行政に工作物の申請が必要になるので必ず申請を行うようにしましょう。

 

岡山の土木工事は隼工業へお任せください。


会社名:隼工業

住所:〒710-0803 岡山県倉敷市中島419-3 倉敷中島戸建て西棟2

TEL:080-9130-8823

営業時間:8:00~20:00 定休日:日曜日

対応エリア:倉敷市を中心に岡山県

業務内容:土木一式工事/基礎工事/住宅解体

pagetop